相手が誰であれ、「人」として接することができているか?

相手によって態度を変えていないか?

相手が

どんなに「すごい」と思う人でも、

どんなに「すごくない」と思う人でも、

誰に対しても対等な「人」として接しよう。

先輩でも、後輩でも、

孫正義でも、ホームレスでも、

どんなに年齢や社会的地位が異なっても、

誰もが「人」であることに変わりはない。

偏見を捨てよう。

相手が自分より若いからといって

見下してはいけない。

傲慢さは、すぐに相手に伝わるから。

相手が自分より有名だからといって

忖度しすぎる必要もない。

怯えは、すぐに相手に伝わるから。

だから、

「“人”として接しよう」